2018年06月17日

6/15、16 スルメイカ&真鯛

15日の深夜便
スルメイカ   686杯
真フグ  12匹



16日の夕方便
スルメイカ   300杯



16日の深夜便
スルメイカ   490杯
真鯛  5枚




 

◎出船時間
◇半夜便14:00〜 アジ五目+スルメ&マイカ
◇夕方便17:00〜スルメ&マイカ(イカ鯛)
◇深夜(早便)21:30頃〜スルメ&マイカ(イカ鯛)
◇深夜(23時便)23:00〜スルメ&マイカ(イカ鯛)




7B458546-D56A-4F1D-9CAF-ECADF819D5D1.jpeg55B38363-682F-43A2-939C-E36A597A4FCE.jpeg173CAE86-6AC8-40AA-BD3C-B29407F814C5.jpeg2E60A7CF-CF77-4DB5-BB6C-E3DE8851CDF2.jpeg4E2B5F09-7CF1-468D-9495-9897FB0CE3BA.jpeg9C72C75A-699D-4D1E-A4CB-5C1337A8E762.jpeg238C172A-6D83-4C07-88F1-71C080B08E00.jpeg37EAFB97-0A0A-4835-A090-CAE2666A8B0F.jpeg001C9DB3-80A7-4F50-994B-18FFE4139927.jpeg30A1D287-34BC-4750-9ECD-21641CBD76BB.jpeg98B7E1A8-5650-4FDE-BD2A-BB4E46C2277B.jpeg
C5298BC4-7669-4304-95FC-2FB0FD4B58D1.jpeg4DF7DCA0-DFFC-4088-8586-E755A621B484.jpegCEB8A249-E16C-471C-AA78-745499D3122E.jpegDFC54FD7-A13E-42D9-A849-ADAF07BBBB5C.jpegCD30EEBB-F7B3-44DB-A72B-E69031090716.jpeg
02FD5B07-A2EF-4C02-A9F8-8F551D274DED.jpeg006D10DB-8BDE-4C52-84AC-E00E00670DD6.jpeg6DC44F2F-5E55-4783-9787-567A4F628A19.jpeg55E55A1D-97F1-4541-8EC6-CA12876D0976.jpegBFBA0F63-8EF8-4D8D-A1B5-D5C7D5EC00F6.jpeg552959AF-DEF0-4054-82B2-E8BC7A82E0C8.jpeg7A0936FF-24F0-4603-88FC-AE3A38B4209D.jpeg46DE1197-E034-4F59-B891-46772BA98DEA.jpeg


posted by 海生丸 at 12:17| 福井 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月15日

6/14 麦&スルメ、イカ鯛🎵

釣果 
麦&スルメ  523杯
真鯛   計10枚(TOP 5枚)
真フグ  計12匹
他、エソ、アジ、サバ、イワシなど





 この二日間、雨のお手伝いが無いのでスルメさん自力で頑張ったって感じかな…
棚もチョイ深めで中機嫌で爆にはならず、ポツポツといったところです♪
でも皆さんの真剣に取り組む姿に感謝m(_ _)m

イカ鯛チャレンジャー4人で見事、二桁クリアしました(^^)v!
一枚、お隣さんにもおすそ分け!
ラッキーでしたね♪
おめでとうございます♡





昨日のお客さんから聞きました。
トラフグで有名な山口県が、この真フグをブランド化させようと取り組んでるそうです。
それだけこの真フグ、トラフグに匹敵するくらい美味しくて値打ちがあるという事ですね!
だって先日、置いて帰られたトラフグを頂き食べ比べたけど殆ど変わりませんもんね。
確かに見た目は、トラの方の模様が鮮明で王者って感じでカッコいいですけどね…
いつか何処かのショウサイフグみたいに、捌いてお渡しせなアカン日が来るかも(笑)
これで私のお口の中には入らなくなるでしょうね〜(◞‸◟)
そして近所のおばちゃん、親戚のおばからの野菜のお返しもなくなるかも(笑)
それにESOだって!
頭おとして腹わた出してクーラーにちゃんと氷きかせてお持ち帰りの方も増えてきました。
比較的、尻尾の小骨の少ないところを私は刺し身で食べます。
冷蔵庫で冷やして冷た〜くして食べるとスズキさんに負けません。
これからは気温が段々と上がってきます。
魚もイカも帰ってから美味しく食べるには氷≠ナす!
氷が命≠ナす♡
氷をケチったら絶対ダメです!
こちらにもデッカイ氷、一個300円で売ってます。
どうぞご利用ください。






◎出船時間
◇半夜便14:00〜 アジ五目+スルメ&マイカ
◇夕方便17:00〜スルメ&マイカ(イカ鯛)
◇深夜(早便)21:30頃〜スルメ&マイカ(イカ鯛)
◇深夜(23時便)23:00〜スルメ&マイカ(イカ鯛)


3B18D468-96BE-4FDB-9EC1-80CB6BD80A38.jpeg7268FABE-92A1-4CDE-85C3-1B67BD280BC8.jpegBCCFC942-5582-4697-B0E0-93AD87D4C4BC.jpeg9C1ED50A-F1BE-4A6B-A373-53B770B79372.jpeg35187903-3A2A-43A0-8A34-F7368EE9F965.jpeg4F2B7548-D530-4895-B527-C146A407C2DD.jpeg91C96C47-C9BD-493F-AE37-DF7F77D58564.jpeg341219DA-A296-4160-89A0-5ED62E7CA90D.jpeg2D93B060-C1BA-4FAA-B4D6-C5CF40A8223B.jpegC98762E0-26D2-4D75-A4FF-B6AA6EC8E860.jpeg9157A7FC-CD9F-4F14-8460-43031EC19FCB.jpeg80F3D8D6-D2C8-4119-8EB3-70889E923622.jpeg0867671B-7187-4C3D-9F10-A82A5244F8F3.jpeg140CF471-7548-4E64-BB6C-4B209FB26903.jpeg2D01F740-3CF1-4D9C-845A-17BCE7277236.jpegBF47CE21-7C81-4E6B-BD38-4B0D4C69E298.jpeg8B5216B5-6289-473B-B4BB-4C85C8053FAB.jpeg666CD837-192A-466E-B813-3DE6F45EA10B.jpeg22B17810-B56D-488C-BBED-B7863549F261.jpegD40C9ABB-E802-4BAC-B9AA-7DB76C602CDE.jpegD521455E-719D-40AB-8196-B9E9C661D73A.jpegB2F0BB2C-7599-4239-A2A1-E98C8B62D405.jpegB6FD0AD9-15E3-4CF2-98E2-6E7A3A0ACF4E.jpegE311CB67-3083-4414-829A-AD6C8DA6D44A.jpeg6DF613DF-904B-4BB5-982B-8EE142C8B36D.jpeg865D0ADA-75FE-4320-8347-ABC49A2938C0.jpeg336A0C46-7CCD-4938-838A-0826D03F0F92.jpegCCBEE9FA-7244-4F15-AAD3-BA4CEE8B0B09.jpeg58D7E3E8-42B6-444C-A2C4-C74BA52E7A88.jpegA74C61E0-85B7-4912-BC5A-FEEF379F1BE2.jpegEC0E9FDF-0CDD-4F15-8CFA-45C970299C70.jpegBABC8FD9-1D2C-4A58-8E06-2290199B959B.jpeg64BCE49D-6EC0-42C0-8E05-F12F252958CC.jpegEB6ACAB7-8181-45B6-86DB-0194F6EFC5C0.jpegD086F08B-BCAC-4902-974D-72363A2BDA52.jpegC0402312-1187-4151-9613-98AA4145B6C5.jpeg97FFF983-EECB-48D2-BE06-AD82CF9FFF9E.jpeg7BEAC8AC-0599-4F98-8AC4-7FAFD70B7B6A.jpegCE868D57-5C9F-477B-894D-32041D739BA8.jpegADC48448-E076-4DB9-86A0-005D042C7F27.jpegCFA137BE-B027-4EFC-A592-FFD32A32030B.jpegA58A20D3-F687-4B40-9231-C2BBC8D12720.jpeg5886D43A-DEF3-4005-B9D8-041486132E5A.jpegE1A1D2DB-13F3-4EA7-BF3D-D09498F853BD.jpegC9B99D5B-A4E6-4765-B906-60EA2ECF717F.jpeg8C3FACF0-597F-4EFA-813C-E8FFD4F07914.jpegA19B3275-1CDE-4FB4-B0FA-2B4AF55B98BA.jpegB69B151E-BCC3-4CC4-A77C-47EC092BB83B.jpegC02F39C8-1023-4222-B695-659669399E10.jpegD868E655-D78A-4DBD-B54F-FBF74C25FDEA.jpeg6E2733A2-89D7-4822-87FF-69F3E34332AB.jpeg8F4498DA-4200-45DA-BD6C-42A1EC89B320.jpeg556B79E4-06A2-4CA0-848C-FAD158037035.jpegC3F8CBA9-F82C-4D3B-9053-30B0849D9D17.jpeg201734B5-036F-453D-9EEC-398C9D732E09.jpeg95B69315-EF04-4B37-9F39-7A1F1C04A30B.jpeg





※連絡先について
予約時、お客さんの連絡先を着信履歴から拾わせて貰ってますが、もし会社の固定電話や携帯電話からの御予約の時は、できればご自分の携帯か、携帯お持ちでない方は、自宅の電話番号を教えてください。
出船時間が近づいてるのに、まだお見えにならず、電話すると会社の携帯だったり、固定電話だったりで連絡が取れない事があります。
それから釣りにお出掛けの際は、いつでも携帯が繋がる状態にしておいて頂きたいです。
マナーモードや留守電の方、凄く多いです。
お仕事の都合で普段、音消しにされてるかと思いますが、音量大にして貰えると助かります。

又、お帰りの際お忘れ物もちょくちょく御座います。
直ぐにお電話しても繋がらず、ご自宅到着してから「何でした〜?」と連絡もらってからでは、宅急便の着払いになってしまいます。
運賃もバカになりませんよね…

以上、御協力お願い致します。





※パラシュートアンカーについて
船でイカ釣りするのに絶対必要なパラシュートアンカーです!
何故パラを入れるのか?
船を何千メートルも流して、周囲のイカを集めながら釣り上げていく!
潮が速ければ5〜6マイル流れる事もあります(1マイル=1852m)
その間のイカを全部釣り上げられる!
誰もがそうして欲しいと思いますよね。
なら、船でイカ釣りするなら必ずどんな条件でもパラを入れたらいいのに!
と思うお客さんも多いと思います。
出船前によく「今日はパラ? 錨?」って聞かれる方いらっしゃいます。
潮は1マイル違っただけでも行ったり、行かなかったり…
自分の狙い定めた現場に行ってみないと、ちゃんとした潮がわからない事もあります。

でもねこのパラシュートって、むやみに入れると釣りにならないのです。
パラは潮がいく時、流れと同じように船を流すための道具であって、例えば潮が全く動いてないのに入れてしまうと風だけで船が流され、ラインが前なびきになりオマツリして釣りになりません!
それと、無風状態で潮もない時に入れると、もちろん船は全く流れず、オマケに船の真下にパラがきてしまいスッテでパラを釣ってしまいます!

パラを入れる目的は、何千メートル間のイカを拾い集める他に、もう一つ最大の理由があります。
それは、ライン仕掛けを「真っ直ぐ! 海面に対して垂直に落とす」という最大の目的の為なのです!
っていうか、その為だけに入れてます!
と皆、船頭は思っています。
でないと釣りにならないし、なびかせてるとイカの乗りも悪いから!
なので潮が動かない時は、アンカー止めでイカ釣りします。
そうしないと釣りになりません!
イカは光力で寄せますから!

あとパラを水深の何mで広げるかでラインのなびきが変わってきたり…
上中下で速さも向きも変わる2枚3枚潮になると、そりゃもう大変です。
船頭は釣れる釣れん以前に、ラインを真っ直ぐに落とす事で皆、必死です。
時には潮の安定している釣りになるポイントを探して移動したり…
オマツリ騒ぎ防止の為に(笑)!
丁寧な良い船長だと一晩中、ミヨシで二度三度とパラの浮き下を浅くしたり深くしたり、主綱を伸ばしたり縮めたり…調整してますね!
私はあまりしませんが(笑)
ミヨシへ行ったり来たり繰り返す事、何十回!
今度はミヨシで腕組み仁王立ち!

船長、前で何しとんやろ〜?
黄昏れとんか〜?
いや立◯◯便しとんちゃうか〜⁇

船頭
海の中でパラどうなっとんやろ?
パラ開いとらんのか?
主綱、たるんどる!
おかしい⁇
一回揚げたろかな!
ん〜もうちょい様子みよかな!
しゃがんだり立ったり、膝まづいたり…
何も変わらないのに、ロープ引っ張ってみたり、放したり…

風が止む! 後方から吹いてくる! 方向転換!
パラが近寄ってくる…
またミヨシへ駆け足!
浮き綱を手繰り寄せ様子を見る…
でも又、じわ〜っと寄ってくる!
今度は超スローで後進かける。
でもやっぱり離れてくれない!
全員、仕掛けあげて〜
慌ててパラ回収!
錨、ドボ〜〜〜ン!
やってーーー!
ホッ…


一晩中こんな事してる時も…
パラを投入し風が止み、潮も止まった時のボヤキです(笑)


こうして垂直に落とす事でより良い釣りができるのです!
とにかく「垂直」のために!
そうです!バーチカルですね。
バーチカル コンタクト!
バチコ〜ン!


だから何回も言います!
潮が動いてない時は「錨」がベストなんです。
「錨」じゃなけゃダメなんです!

以上、ご理解のほど宜しくお願い致しますm(_ _)m

posted by 海生丸 at 05:22| 福井 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月14日

6/13(水)深夜 麦&スルメに真鯛♪

 連夜スルメ好調に、浅棚では麦イカもけっこう混じりました。
麦も狙うなら浮きスッテ3号にオッパイ針とプラヅノ11pの混合がいいですね!
そして後はシャクリですね。
誘いと、乗ってるか確認する為です。
アタリや重さを感じたら、その時点から迷わず早巻きで巻き上げる!
迷ってたらバレます!
巻き上げない事には釣れません!
全く迷わなくていいです!
上げてみて居なくてもいいんです!
とにかく上げ下げする事が大事!
そのうち言葉では言えない何かを感じるはずです!
スルメは足が強いので早巻き大丈夫!
むしろその方が反応して追い食いもしますし、逆に遅いと船のピッチ&ローリング時にはバレてしまいます。
それから一気に降ろす「落とし込み」でよくイカは乗るのでよそ見せず、リールの回転速度を見ててください!
速度が遅くなればイカが乗ってます。
人の顔を見て「オマツリかな〜」って心配しなくていいんです。
とにかく速攻、猛スピードで上げてください。
遅くなったらイカ、もってかれますよ(笑)
冗談です♪
指示棚まで下ろしたら今度は「自分の竿先」に集中してください!
我が竿先より、人の穂先が気になってる方いらっしゃいます。
イカ釣り名人の方、いつも数名おられますので参考にするのも大事ですが、我が竿先しかアタリを教えてくれないので竿先をじっと見つめてあげてね♡
必ず竿先、反応してますから〜♡


スルメの後はマイカに代わりますが、美味しいかわりにメチャ奥が深いです。
初マイカチャレンジを計画されてる方は、その前にスルメで練習をオススメします(笑)




釣果
スルメと麦でTOP 100オーバー!
イカ鯛されてた方は2名。TOP 4枚!(◎_◎;)計 5枚♡






◎出船時間
◇半夜便14:00〜 アジ五目+スルメ&マイカ
◇夕方便17:00〜スルメ&マイカ(イカ鯛)
◇深夜(早便)21:30頃〜スルメ&マイカ(イカ鯛)
◇深夜(23時便)23:00〜スルメ&マイカ(イカ鯛)


F694FFE8-96F9-4284-8245-85E6DA24B951.jpegEE9F37D7-1044-4DD4-88F9-2192507421C7.jpeg6905F3D1-4C15-4107-881B-DC38919E5855.jpegACD342A7-1DA5-4073-A3E1-E5FC0E906C92.jpegF9B54262-41AB-49BB-973C-E1A4FB154964.jpegC86911EB-EE0B-44A4-8FE8-E093538D0749.jpeg9295375D-F1CE-468A-BF2B-1BED4D152502.jpeg904F1474-E6F4-43B0-9AC4-2A9E4B9335BE.jpeg0772ACDF-4159-4B1A-AD07-0A0CBF54DA31.jpeg46BD3A93-512D-41B2-AE26-3137FC3B6C64.jpegAF5552DC-0144-426F-93E5-9AF33A53CEFE.jpegA6D0E4D0-302B-4C4C-8F0B-C3C70B2DFE7A.jpeg43B0EF49-0ECC-4F69-B626-6117090DF869.jpeg1EA05001-7C52-47CA-919D-81B8EDD76579.jpeg3B8AF194-0347-4490-8874-5538603A2C74.jpeg6A7C8563-F20A-4003-92A4-45F482A67E8D.jpegEDE0C216-681E-46C8-88A2-9C1A85E2347C.jpeg1077600C-0FD2-4966-88D1-07588090F70F.jpegD6F5012D-2DE7-43B8-8E45-814386A84B51.jpeg8D231262-35A6-4E53-8F2C-E1BC9E751EE4.jpeg4B1E6144-85D6-4D68-9CE8-1D12114D9ACB.jpeg69FBCC26-56B8-45BA-8668-50541E4C5484.jpeg478C3F7C-1D6F-40AB-8394-71169D7CF627.jpegB031A737-AFD7-4FCC-BC11-BFEF4D963175.jpegEE733E15-92F3-4363-9D39-4F19C9C9FBA2.jpegAE166D2B-D5F4-4B35-81E3-7794EF38AA7A.jpeg2534D683-285C-489B-988C-9683CE22EE1B.jpeg4499ACED-5480-4911-86B2-AF38D44C6FF9.jpeg652A26AD-81BF-4171-8876-FD03792E96C5.jpegA599DA38-3CED-4147-9B4F-9AFA5A34BE8F.jpegDCB35667-4454-402D-84DB-A4645646E1EB.jpeg4CA61A54-FE43-4807-B601-A500E181A538.jpegDEF81DB4-27F2-461F-8F06-DF278835405A.jpeg3B82A205-FDD0-44DE-A15A-B319D946C830.jpeg54B493C6-F09E-4879-A613-F50FB546D335.jpeg118A9EA4-C310-4D6F-A976-90D1B97B233B.jpegA8984BEB-8E6E-4187-82BE-40CCED601E9D.jpegF8FDBF61-CED5-4EC7-9DC0-FB82056B2CB2.jpeg1D4D5727-BE3C-4790-9234-CA6FB4756307.jpeg8539740C-C88B-4F5F-8641-8E9759D5A788.jpeg8A31C63D-B944-4606-B925-42B9063BDDA5.jpeg51668247-AC27-4F06-9B42-5EDE8677982E.jpeg




※連絡先について
予約時、お客さんの連絡先を着信履歴から拾わせて貰ってますが、もし会社の固定電話や携帯電話からの御予約の時は、できればご自分の携帯か、携帯お持ちでない方は、自宅の電話番号を教えてください。
出船時間が近づいてるのに、まだお見えにならず、電話すると会社の携帯だったり、固定電話だったりで連絡が取れない事があります。
それから釣りにお出掛けの際は、いつでも携帯が繋がる状態にしておいて頂きたいです。
マナーモードや留守電の方、凄く多いです。
お仕事の都合で普段、音消しにされてるかと思いますが、音量大にして貰えると助かります。

又、お帰りの際お忘れ物もちょくちょく御座います。
直ぐにお電話しても繋がらず、ご自宅到着してから「何でした〜?」と連絡もらってからでは、宅急便の着払いになってしまいます。
運賃もバカになりませんよね…

以上、御協力お願い致します。





※パラシュートアンカーについて
船でイカ釣りするのに絶対必要なパラシュートアンカーです!
何故パラを入れるのか?
船を何千メートルも流して、周囲のイカを集めながら釣り上げていく!
潮が速ければ5〜6マイル流れる事もあります(1マイル=1852m)
その間のイカを全部釣り上げられる!
誰もがそうして欲しいと思いますよね。
なら、船でイカ釣りするなら必ずどんな条件でもパラを入れたらいいのに!
と思うお客さんも多いと思います。
出船前によく「今日はパラ? 錨?」って聞かれる方いらっしゃいます。
潮は1マイル違っただけでも行ったり、行かなかったり…
自分の狙い定めた現場に行ってみないと、ちゃんとした潮がわからない事もあります。

でもねこのパラシュートって、むやみに入れると釣りにならないのです。
パラは潮がいく時、流れと同じように船を流すための道具であって、例えば潮が全く動いてないのに入れてしまうと風だけで船が流され、ラインが前なびきになりオマツリして釣りになりません!
それと、無風状態で潮もない時に入れると、もちろん船は全く流れず、オマケに船の真下にパラがきてしまいスッテでパラを釣ってしまいます!

パラを入れる目的は、何千メートル間のイカを拾い集める他に、もう一つ最大の理由があります。
それは、ライン仕掛けを「真っ直ぐ! 海面に対して垂直に落とす」という最大の目的の為なのです!
っていうか、その為だけに入れてます!
と皆、船頭は思っています。
でないと釣りにならないし、なびかせてるとイカの乗りも悪いから!
なので潮が動かない時は、アンカー止めでイカ釣りします。
そうしないと釣りになりません!
イカは光力で寄せますから!

あとパラを水深の何mで広げるかでラインのなびきが変わってきたり…
上中下で速さも向きも変わる2枚3枚潮になると、そりゃもう大変です。
船頭は釣れる釣れん以前に、ラインを真っ直ぐに落とす事で皆、必死です。
時には潮の安定している釣りになるポイントを探して移動したり…
オマツリ騒ぎ防止の為に(笑)!
丁寧な良い船長だと一晩中、ミヨシで二度三度とパラの浮き下を浅くしたり深くしたり、主綱を伸ばしたり縮めたり…調整してますね!
私はあまりしませんが(笑)
ミヨシへ行ったり来たり繰り返す事、何十回!
今度はミヨシで腕組み仁王立ち!

船長、前で何しとんやろ〜?
黄昏れとんか〜?
いや立◯◯便しとんちゃうか〜⁇

船頭
海の中でパラどうなっとんやろ?
パラ開いとらんのか?
主綱、たるんどる!
おかしい⁇
一回揚げたろかな!
ん〜もうちょい様子みよかな!
しゃがんだり立ったり、膝まづいたり…
何も変わらないのに、ロープ引っ張ってみたり、放したり…

風が止む! 後方から吹いてくる! 方向転換!
パラが近寄ってくる…
またミヨシへ駆け足!
浮き綱を手繰り寄せ様子を見る…
でも又、じわ〜っと寄ってくる!
今度は超スローで後進かける。
でもやっぱり離れてくれない!
全員、仕掛けあげて〜
慌ててパラ回収!
錨、ドボ〜〜〜ン!
やってーーー!
ホッ…


一晩中こんな事してる時も…
パラを投入し風が止み、潮も止まった時のボヤキです(笑)


こうして垂直に落とす事でより良い釣りができるのです!
とにかく「垂直」のために!
そうです!バーチカルですね。
バーチカル コンタクト!
バチコ〜ン!


だから何回も言います!
潮が動いてない時は「錨」がベストなんです。
「錨」じゃなけゃダメなんです!

以上、ご理解のほど宜しくお願い致しますm(_ _)m


posted by 海生丸 at 05:01| 福井 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする